口臭について知る

舌苔の取りすぎに注意!

舌苔は口臭の原因になる

最近では、丁寧なオーラルケアをしている人がたくさんいますよね。

舌苔を除去することもそのひとつでしょう。
舌苔とは、舌につく苔状のもののこと。舌のコケと書いて、舌苔(ぜったい)といいます。
舌苔は舌についた汚れのようなもので、多くの場合白っぽい色や黄色っぽい色をしています。
舌の表面は細かなひだ状になっているため、そこに細菌、食べかす、口腔粘膜のかすなどが付着するのです。

たしかに舌苔は、口臭の原因になります。
ですから、口臭を気にしている人は、舌磨きなどもこまめにされているのではないでしょうか?

でも、舌苔を取り過ぎることで、さらに口臭が増してしまうこともあるため、注意していただきたいのです。

舌磨きをしすぎるとどうなるか?

舌苔は誰の舌にもつくものですが、口腔内が正常に保たれていれば、たまることはなく、口臭などの問題にもなりません。

では、なぜ舌苔が必要以上に増えて、口臭の原因になってしまうのでしょうか?

舌苔が増える大きな原因は、唾液の分泌が減っていることにあります。
サラサラした唾液がたくさん分泌され、口腔内が正常な環境にあれば、舌苔は唾液が洗い流してくれます。
しかし唾液の分泌が少ないと、舌苔は流されずに舌の上にたまり、臭気ガスの元になってしまうのです。

舌苔は、免疫力が低下したり、ストレスがあったりするとつきやすくなるといわれます。
これは元を正せば、免疫力の低下、ストレスや疲労、自律神経の失調などによって唾液の分泌が減少するせいで、舌苔がつきやすい口腔内環境になってしまうというわけです。

このように、舌苔が口臭の原因になるなら、当然舌苔を取りたくなりますよね。
そこで、多くの人は歯ブラシや舌ブラシなどで、ゴシゴシと舌苔を落とそうとしてしまうのです。

しかし実は、過剰な舌磨きはまったくの逆効果。
舌苔を無理にとることで、よけいに唾液の分泌が減ってしまうのです。

舌の表面はとてもデリケート。味覚のセンサーなどの大事な器官もある場所です。
ゴシゴシと磨けば傷がついてしまい、剥離した粘膜が唾液に混ざって白濁し、口臭の原因である嫌気性菌の栄養となり、唾液中の酸素の量も減り、嫌気性菌が繁殖しやすくなってしまいます。
過剰な舌磨きの結果、さらに舌苔が厚くなり、元に戻りにくくなってしまうこともあります。
また、味覚障害を引き起こしてしまうこともあります。

舌苔を無理に落とすよりも、唾液の分泌を増やして口腔内の自浄作用を働かせることが大切です。
舌ブラシなどで舌苔を無理に取ることを勧める医院では口臭治療は失敗に終わることが多いでしょう。

舌の動きが悪いと……

見過ごされがちですが、舌の動きも口臭治療の大きなポイントです。

みなさんは緊張すると、吃音が起きたり、滑舌が悪くなったりしませんか?

その原因のひとつは、緊張すると舌の動きが止まってしまうことにあります。
舌の動きが止まると、話しにくくなるだけではありません。
唾液の分泌が低下し、口の中はカラカラな状態になり、さらに舌苔が付きやすくなります。
その結果、口の中で嫌気性菌が活発になり、口臭が発生してしまうのです。
舌の動きが悪いという場合、姿勢や歯列、あごの位置が原因になっていることがあります。

バイオクリニックでは、患者さまの舌の状態の診断も行っています。
舌苔や舌の動きが気になる方は、ぜひご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

▽ お問い合わせ・ご予約はコチラをタップ ▽

0120-860-086

平日 10:30〜20:00 土日祝 9:00〜18:30
Page TOP