口臭について知る

口臭ケアの国際比較

アメリカやヨーロッパなどでは、昔からオーラルケアが非常に重視されています。

もともと欧米では、キスをしたりハグをしたりという文化が強く根付いていますよね。
つまり、欧米人は私たち日本人とくらべて、人と密に接近する機会が多いのです。

ですから、欧米人は非常に口臭を気にします。
欧米では、多くの人がオーラルケアに真摯に取り組んでいます。
不快な口臭をさせないことは最低限のマナー。平気で口臭を撒き散らすような振る舞いは、=野蛮人であるとみなされることもあるほどです。

もともと欧米人は日本人とくらべると、体臭も強いですよね。
だから口臭も強いだろうと考えるのは大きな間違いなのです。
臭いが強いからこそ、昔から「臭いのケア」に対する意識が高いのでしょう。
欧米人は、できるだけ不快な臭いをさせないよう細心の注意を払うのです。

日本は口臭後進国だった

日本なら、多少の口臭があっても「ああ、この人ちょっと臭うな」程度ですが、「口臭ゼロ」が当たり前の欧米では、極度に嫌われます。
特にアメリカ人はオーラルケアに対する意識が強く、口臭ケアになみなみならぬ力を入れています。

実際、日本人にはあまり口臭を気にしない人がいるのも事実。
対して欧米では、口臭をさせて平気でいることはありえないのです。

先進国の中でも、これほど口臭を気にしないのは日本くらいです。
日本人は比較的体臭が弱く、またもともとキスやハグなどのスキンシップの文化もなかったため、臭いに対するケアが浸透しなかったのかもしれません。

日本は技術大国で治安もよく、公共マナーも世界一といわれています。
また、日本人は食生活や健康への意識はとても高く、非常に清潔好きな国民です。

なのに、口臭に対する意識は、大きく遅れをとっているのです。
口臭ケアに関しては、日本は後進国だったと言えるでしょう。

グローバル社会にオーラルケアは不可欠

近年では日本でもオーラルケアに対する意識が急速に高まっています。
もともと清潔好きな私たち日本人は口臭のマイナス面がいかに大きいか、に気づいたのです。
すでに欧米のように、口臭があるだけで「マナー違反」「非常識」と蔑まれてしまう時代に変わってしまったのです。

グローバル社会において、口臭ゼロは最初に身につけるべき、必要不可欠なマナーです。
今後開催される東京オリンピックなどでも、日本人として恥じないよう、正しい口臭治療を受け、正しいオーラルケアを身につけましょう。

当院では、正しいオーラルケアや生活習慣の指導、また口臭の根本原因の除去や漢方薬を用いた治療など、口臭ゼロを目指す最先端の口臭治療を行っています。

ご予約・お問い合わせ

▽ お問い合わせ・ご予約はコチラをタップ ▽

0120-860-086

平日 10:30〜20:00 土日祝 9:00〜18:30
Page TOP